スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ

三本目の炭素系×CJ富士見オープン×MTBレースデビュー

 MTBの初レース。「息子をMTBレースに出す。」=>「初レースだから試走一人とか心配」=>「MTB借りて僕も出ちゃうか!」=>「誰かMTB貸して~」=>「良いよ~~」=>「これ買わない?」 気が付くと何故か自前のMTBが手元にありました。
 
 JCF登録が間に合わなかったのでオープンで参加。正直原因不明の筋肉痛が周期的に来て前日の試走前から握力が全くない。試走後は益々悪化しての銭湯の牛乳の蓋が開けられないほどの握力。しかし長風呂が効いたか当日はかなり握力が回復。S-LOUNGEでローラー台が使えたのだがBT君が試走をしたいと言うのでキッズコースの試走に付き合って(こっちがメインな出場ですしね)心拍だけ上がるように見守りながらアップwwアドレナリンのおかげもあってスタート前は不安感が無くなってた。
 
 チャレンジと同時スタートだがチャレンジは2周でオープンは1周。
 前日の試走でこんなところを走るのか!と一発目のチャレンジでは何度もバイクを降りて状況を確認しながら降りたりレースで走るってよりも自分にとっては走りきれるか?ってコース。オープンクラスってレースに出ようか悩んでる人が最初に出るレース?的な印象だったのに招集場で話してたら「オープンに毎年出てます!」「あんな場所は普通に走れるよ!」とか、マジか!!!ってビックリする内容が飛び出すww
 
 スタートはチャレンジが50人ほど前列に並んでいて、その後ろからスタート。富士見のスタートは落車祭りだから気をつけろと言われていましたが勝ちに行くにはここで何処まで前に出れるかで大きく左右することは承知。とりあえずスタートダッシュでチャレンジの中に突っ込みましたが他のオープンにメンバーがどうなったのか全く解らず順位とかも不明www
 最初のガレの登坂はやはり場慣れしている方は接近を物ともせず突っ込んでくる。ビビリだしリスクは避けたいので引くしかなく隙間があったら突っ込んで順位が落ちたり上がったり。登坂の終盤近くで、「どうせ一周だから脚を貯めても仕方ない」と、覚悟を決めて大回りで芝生の登坂に突っ込み順位をあげた。はず?
 最初のロックセクションとマルタ。試走ではロックは怖くて足が止まったが「なにも考えず走ってれば行ける」と、全くアドバイスになっていないが最も理にかなっているお言葉を実行して走れるようなりましたが本番は完全に詰まっていてみんなで押し歩きにww






 
 下り手前で乗りに手間取って後ろの方に怒られながらノロノロ乗り込み。下っていくと前走者がコーナーに突っ込んで落車。「うひょぉ~」ビビり声を上げながらかわして行く。下りは前の選手が見えないし下りきったコーナーで抜かれて行く。
 コーナーを切り返して登り。nozacの然くんパパがakiさん抜かせ~ってチームメイト前走者のnozacのチームメイトと僕に激しく激を飛ばしnozacの方が少し脇を開けてくれたので交わして登りでグイグイとペースアップ。調子に乗って加速してたら登りコーナーで後輪滑らして「ひゃぁ~」とか声を出しながら立て直しw
 




 しかし、林道を抜けてゲレンデに出たら数人が団子状態になっていてペースダウン。前走者が「右から行くよ~~」と声を掛けたらその前の人がラインを開けてくれたのでも「もう一人右から行きます~」って自分も声を掛けて交わしてペースアップ。そのままその方の後ろに着いて行ったがペースが物足りなくなってゼェゼェ言いながら、その方も交わして順位アップ。
 しかしwwwシングルトラックの下りに入ると明らかに後ろに気配がwwwwコーナに入って開いたインを刺されて抜かれていく。
 登りで抜いて下りで抜かれてを繰り返して順位が変動していくがオープンの選手はほぼ見えないのでオープンクラスの順位は変わらずだが何位なの??ww
 終盤に差し掛かったところで順位を数えてくれて人が居て、どうやら総合で33位らしい。だかオープンではどうなのか全くわからないwww
 nozacファミリーがBT君と一緒に応援してくれていて応援も慣れているのでショートカットで先回りしていたるところからBT君の声が聞こえてくる。




メーカ:NIKON CORPORATION モデル:NIKON D750 露出時間(秒):1/1600 F値:6 露出プログラム:絞り優先 ISO:640 焦点距離(mm):210 露出補正:0.67 撮影日時:2016:05:29 08:15:51
 
 今回のレースはBT君の白馬への参加権を獲得するための(ママとの約束)最後のチャンス。ここで優勝しないと白馬は無い。タッタのレースが先に始まるのでタッタもなんとか良いところを見せたいと必死だが
BT君 「とーちゃん、このままじゃビリだぞ!!
 と、厳しい声援が~wwこれでも必死に頑張ってるんだぞwwwww





メーカ:NIKON CORPORATION モデル:NIKON D750 露出時間(秒):1/640 F値:5.6 露出プログラム:絞り優先 ISO:640 焦点距離(mm):170 露出補正:0.33 撮影日時:2016:05:29 08:06:22
 
 フライオーバーを超えて最後の激坂を登りドロップオフを降りて連続コーナーを抜けて、最後の直線!

 あっ!!!
 
 今まで全くオープンの選手を見かけなかったのにコーナーの抜け際で後ろからさされたww負けるか~~!と、必死にギアを上げて追いかけるが横に並びかけたところでゴール。負けたww


 
 ゴール後フラフラと倒れこんでMCから6位とコール。もう立ってられない状態に座り込んでいたら5位の方が前を通り過ぎたので「負けました~w」って挨拶。その後にも大磯シクロで会った若者が声を掛けてくれたりとMTBの人たちはレース後とかも暖かくて良いな~~と感謝しながらもう一度倒れこんだ。
 いや、、、2周走りたい気持ちだっけど1周で良かったかも。
 登りはそれなりに戦えた気がするけど下りに関しては経験不足過ぎる。自分の走ったレースでも周りの選手は凄いと思ったが、後から上位カテゴリーの走りをみたらビビったwwもっと色々と経験を積んで早く慣れるように頑張ります。

 メインレースである息子のレースはこちらから。
MTB CJ-1 富士見パノラマ×初MTBレース:http://bthibi.blog81.fc2.com/blog-entry-1153.html

 息子はマジで一番を獲りに行きましたが強いライバルに敵わずでしたが頑張りました。親子でもっと頑張ります!!
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ

ツール・ド・つくば 2015!

 ツール・ド・つくば3回目。前日は軽めに息子と多摩川を流す。27km。
ロケット>ロードバイク>ヤゴ:http://bthibi.blog81.fc2.com/blog-entry-1060.html

 先週の富士ヒルの疲れも完全には抜けていないけど去年は首から肩甲骨までの筋を痛め、さらに雨で冷やされて呼吸するだけでも泣きそうな状況下で走ったレース。それを考えたら今年の弱音は無駄な愚痴ですね。去年のタイムは参考にならないとして一昨年は結構調子が良くて36分ジャストだったので目標は35分だな、と軽く自分にキツイ目標設定

 自分的にはツール・ド・つくばは絶対にノーマルクランク推奨なんだけどやっぱり換装する時間が無くて…(いや、換装するのは対した時間はかからないだけど実走で調子を見ることが出来ないので)富士に引き続きコンパクトクランクのまま。気合でアウターでグイグイ作戦
 今回はセンサー付きゼッケンが送られてくる画期的なシステムで前日受付も無し。昼間の息子との走りで日差しを浴びちゃってビール呑みたいので朝出発に決定。
 富士ヒル以外のレースは家族応援も無く息子とお揃いジャージな縛りが無いので、やっと夜錬ジャージでレースデビュー出来ました。
 駐車場で夜錬のMさんカップルと遭遇。他にもオクトーバーランで一緒に走ってたfuru8maさんとシクロくんも居るはずですが見つからず。Twitterで確認するとfuru8maさんが今から出ますって間に合うの??w
 
 その後もスタート地点に現れずOTRの店長にも聞いてみますが見てないそうで、そのままエリートクラスがスタート地点に移動開始。エリートクラスのスタート10分前にfuru8maさん現るww(間に合ったそうです~w)
 
 その後、年齢別クラスの自分は40分ぐらい待機があって、やっと自分のスタート時間。ド~~ン!

 今回もやる気なんで(やる気だけですが)先頭に並んで走りだし平地で6人ぐらいに抜かれて不動峠に入って3人ぐらい抜き返し2人ぐらいに追いぬかれ、そして前集団と混じりあってグループ内の順位は全く判らなくなって自分との戦いへ~w(毎年同じ展開ww)

 終始アウターで行ける感触だったけど攣りが怖いので不動峠の最後の10%でインナーに入れてスカイラインに入ったらアウターに戻す。スカイライン手前まで抜いたり抜かれたりを繰り返してた同グループの人が居たので背中に取り付くつもりがペースが合わず単独走に。
 追いつく感じの人の背中に着くとペースが落ちるのでこのまま独走か~と思っていたら、後続グループか同グループからの追い上げか見たこと無い人に抜かれてそのまま背中に付かせて貰って回復。その後は何度か先頭交替をしながら走ってましたが最終的には自分が着いて行けなくなりました。
 
 普段はレースの試走はしない派(時間と小遣い事情で出来ない派とも言う)ですが、ここは仕事の関係で近場に出張で来ることが多く何度も練習走行していますが、ここ一年は出張作業が忙しすぎて走れてなくて記憶とのギャップに悩み、ゴール手前の500mぐらいはもっとキツイかった印象がありインナーに落としてしまいスピードダウン。Cyclemeterで途中はかなりベストから先行してたようなアナウンスでしたが差を詰められて結果的には8秒更新と言う感じでゴール。
 STRAVAの比較で見ると弱気にインナーで落とした時間帯で追いつかれたり短時間的には抜かれたりしている…ここはコンパクトで調子が良い時はアウター縛りで良いような
 結果は35:52とギリギリ35分台。もっと自信をもって35分台と言い切れるタイムで走りきりたかった。でも結果的には富士から一週間でよく頑張ったと思うの…





 ゴール後は速攻でバイクを預け、その待ち時間中に夜錬Mさんが下山荷物を取りに行ってくれたのでそのままスムーズにバス乗車。またしてもゴール地点での写真も撮らずww下山したら腹が減ったので肉系飯を食す。





メーカ:Apple モデル:iPhone 5s 露出時間(秒):1/1866 F値:2.2 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:32 焦点距離(mm):4.15 露出補正:1.00 輝度:10.007713884993 撮影日時:2015:06:21 10:32:04

 美味しい~~!
 
 仕上げは足湯で気持ちいいーー!(けど少しぬるかった…。)





露出時間(秒):1/334 F値:2.2 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:32 焦点距離(mm):4.15 露出補正:1.00 輝度:8.18996415770609
 
 レース前に大池にゲンゴロウで居ませんかね~~と、トラップを仕掛けておくも何も捕れず、昼飯の間に少し場所を変えて仕掛けたらクチボソ?フナッコ?とウキゴリ系とメダカが入ってました。少し大きめのクチボソは息子から大好評でいいお土産になりました。





露出時間(秒):1/391 F値:2.2 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:32 焦点距離(mm):4.15 露出補正:1.00 輝度:7.80776699029126

レース後はfuru8maさんには逢えなかったもののシクロくんには無事に逢えて良かった良かった。疲労感たっぷりだったので早めに家路へ。ところが夜錬のMさんから連絡があり参加賞と完走証を預かってますよ~~ってワザワザ届けて頂きました。感謝。

相方 「練習不足で富士山の翌週でよく頑張ったよ!うんうん
・・・・間
相方 「えっ?80秒じゃなくて8秒?おぃ、1分ぐらいは縮めてこないとダメだろ!

 聞き間違いですかそうですかOrz なかなかキツイお言葉ですこと(・∀・);来年こそは頑張ってきますね。
にほんブログ村 自転車ブログへ

今年もmt.fujiヒルクライムに家族で行ってきましたよ

 mt.fujiヒルクライムも今年で参加6回目!
 昨年末の事故とその前後の仕事が忙しすぎ、4月になってやっと仕事が落ち着いて必死にトレーニングを頑張って調子が上がってきたところで自分の開幕戦として挑むつもりだった榛名山。しかしその前日に親父の訃報でDNS。そして初七日に親父の奥さんも亡くなって二人の葬儀やらで全く乗れず…多忙のなかの隙間を見つけてヤビツを1回走ってみたら45分オーバーとか大丈夫なのか!的な絶望的な状況。それでもmt.fujiヒルクライムは家族が応援に来てくれる唯一のレースなのでテンションが低めですが全力で頑張る構え。
 
 前日は息子と河口湖を回ろうかと思ってたのに周りにローディーだらけだから受付開始前から自転車に乗りたいと大はしゃぎで2合目を目指してスバルラインを登ることにw




メーカ:Apple モデル:iPhone 5s 露出時間(秒):1/3165 F値:2.2 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:32 焦点距離(mm):4.15 露出補正:1.00 輝度:10.5785953177258 撮影日時:2015:06:13 11:28:22

 
 無理ないアップになったのか?2合目までは行けませんでしたが、途中で何度も休憩を挟んで8キロぐらいの距離を登って1合目は越えました。いや~多くの人から応援を頂き楽しかったみたいですが、僕自身スバルラインはmt.fujiヒルクライムの本番以外で走ったことがなかったのでゴール地点以外で初めての足つきでした(笑




メーカ:Apple モデル:iPhone 5s 露出時間(秒):1/221 F値:2.2 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:32 焦点距離(mm):4.15 露出補正:1.00 輝度:7.1427027027027 撮影日時:2015:06:13 12:29:54


 
 当日は4時に起きて会場に移動。初めは息子と北麓駐車場から会場まで走るつもりでしたが雨予報とお目覚め具合が心配になり会場近くに宿を取ってたいたチームメイトに息子のバイクを預かって貰って1人自走。早め早めに準備が出来たので良かった。
 
 スタートは第四ウェーブで無理なく最後尾からスタートするつもりでゆっくり並ぶ。周りもマッタリ並んだ人達なので近くを通った夜錬メンバーTさんにここ最後尾近いから入れてもらったら?って感じで周りの人もどうぞ、どうぞな流れだったのに、並んだ順ではなくて列の切り替えポイントになって先頭スタートに。しかもTさん気合充分で計測ポイント前から飛ばすww息子たちが応援してたパレード区間は先頭で走らせて頂きました(笑




(体調不良でDNSしたチームメイトがこっそり撮影してくれてました。)

 コーナーを曲がり息子から見えなくなったからでは無いですが計測地点まではアップペースまで落とし数人に抜かれながら料金所を越えます。そこからは2000番代の女性や3000番代の後続と交じり合って行きます。
 
 最初の10分ぐらいでcyclemeterからは1分遅れのキツイ宣告。このままダラダラと遅れていくの仕方ないのだけど…と、悲観しながらも走ってると濃霧に近い小雨が体温上昇を抑えてくれて走りやすい、走りながら徐々にペースアップにしていって気が付くと去年のベストに並んだ。1合目地点とかは昨日は息子とここまで来たんだな~とか、ニヤニヤしながら苦しい時こそ笑いながらゴールを目指します。





(ランフォトはこの1枚しか撮られずだったみたい。残念w)

 4合目付近で左手に雲海が見える場所。ここは何時も勇気を貰えます。
AKI 「今年もキターーッ!
 って叫びながらアタック~!wちょっとだけ頑張って緩めたところで「まだ行けるでしょ!一緒に行こうよ!!」ってちょっとだけ年上に見える選手に声を掛けて貰い頑張って後ろに着こうと思いましたが無理でした(笑
 その後もたんたんと登り続けてフラットゾーン!運がいいことに後ろから若者が抜いて行ってくれて背中に付かせてもらう。途中でこちらも抜き返して、その後また同じ若者が抜いていくという協調な先頭交代みたいな事が出来て40km/hで駆け抜け。
 そして最後の登りは少し混み始めてたのもあり体力続かずでヘタりましたが気が付けば1時間21分台でゴール。ホントかよ~~~!ベストを40秒ほど更新しちゃいました。練習、調整不足でしたが気温と平地のトレインに助けられて、まだまだ精神力で追い込める領域が残ってることを痛感しました。もっと頑張ります。
 そして、あの時に「一緒に行こう」って言ってくれた選手に着いて行けたら80分切り出来たかも、もう少し強くならないとな~。
 
 今回のmt.fujiヒルクライムはノーマルクランクで走るつもりだったんだけど結局走れなかった榛名対策でコンパクトクランクに換装して戻す時間がなかったのでアウターでグイグイ。最初の斜度がきつめのところの記憶が曖昧だけどほぼアウターで走り切りました。それと去年は灼熱だったのに前述のとおりの小雨で気温などのコンディションが良かったのに助けられました。
 ゴールすると夜錬メンバーのIさんと遭遇して談笑しながら着替えていると右足ふくらはぎが猛烈に攣り悶絶。限界近くまで頑張った証ですかね。

 着替え終わって下山待機所に向かうと丁度、第二グループが降り始めたばかりで人数が少ないからそのまま降りてくださいって。ってことでゴールして5,6分で下山w思えい起こせば5合目で写真撮らなかったよw

 下山したら息子は疲れと寝不足からグダグダ状態で駐車場に戻るバスの待機場で号泣中…。何とかなだめてレースの話をしたり競技場で走ったりして仲間の戻りを待って皆のレースレポートを聞いたり写真撮ったり~w





(レッドシューズのメンバーと一緒になることが珍しい僕w)


 
 駐車場までは息子と2人で自走。下り基調なので10分かからず。楽しい親子タイムで仕上げて一日が終わりました。息子のGARMINみたら17.3kmも走ってる。君も頑張ってるね~(・∀・)b

 今回は天候に恵まれたってことで来年はもっとトレーニングを積んで実力でもっと早いタイムを目指します!!って来週はツール・ド・つくば!!まずはこっちも頑張るぞ!
 

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

にほんブログ村 自転車ブログへ

セオフェス>肉>イトイ>イトイ

 龍勢ヒルクライムが中止になってしまったし、平地のレースには興味も無いし練習もしていないのだけど息子をレースに出すついでにと日産に続いてセオフェスティバルのレースに実力的には初心者に出たいところですが夜から家族イベントがあったので早いスタートの中級でエントリー。
 
 前日の自己メンテでホイールが異音がするのに気づき色々みたけど原因解らず、原因追求の過程で気がついちゃったけどチェーンまで伸びきってるし@@;、当日はMAVICホイールでは無いけれどMAVICの方に見ていただきましたが「BBかな?危険性は無いよ」と言われてそのまま出走
 あいにくの雨でボロボロですが知り合いのチームのピットで雨宿りをさせていただき何とか参戦。

 レース途中で後輪をハスられて心が折れては3週目で集団から落ちて終了。


 
 サーフィン時代は怖いもの知らずで落下式テイクオフ野郎とか言われてましたが、本当は怖がりで吹っ切れるとどうでも良くなるタイプ、怖いから引けるうちは良いけど熱くなって勝負に加わるとサーフィンと違って海ではなくてアスファルトに叩きつけられちゃうので怪我する前にほどほどで身を引いて息子と一緒にヒルクライムに出たいな~。

 息子は入賞してたので表彰式を終えて家族で焼き肉へ
セオフェスから焼き肉!:http://bthibi.blog81.fc2.com/blog-entry-1015.html





メーカ:Canon モデル:Canon EOS Kiss X2 露出時間(秒):1/50 F値:2.8 露出プログラム:絞り優先 ISO:640 焦点距離(mm):47 露出補正:0.67 撮影日時:2014:11:29 19:49:59





メーカ:Canon モデル:Canon EOS Kiss X2 露出時間(秒):1/50 F値:2.8 露出プログラム:絞り優先 ISO:800 焦点距離(mm):50 露出補正:0.67 撮影日時:2014:11:29 20:07:39

 肉は最高に美味かった。
 
 翌日は息子は自転車をお休みすると言うのでイトイサイクルでバイクをチェックをしてもらいました。
 BBもホイールも分解してもらいましたが異音原因は解らずで、普段なら自分で交換するチェーンですが伸びすぎてて帰り道でスプロケまで削るのが嫌なのでチェーンを交換してもらいました。
 するとアレ?って声がテンションプーリーがほとんど回らないらしい。確かに回して見ると酷い回転。結局ULTEGRAのRDにDURAACEのプーリーに換装してもらいました。これがなければレースは走り切れたか?w(なんてね)
 
 相模大野店では売り切れてた息子用のRD-5701-GS-Lを町田店で取置してもらい引取りながら帰宅。




メーカ:Canon モデル:Canon EOS Kiss X2 露出時間(秒):1/20 F値:2.8 露出プログラム:絞り優先 ISO:500 焦点距離(mm):17 露出補正:1.00 撮影日時:2014:11:30 17:59:32



 息子のバイクをSORAから105ミックスに組み立て直しました。
 




メーカ:Canon モデル:Canon EOS Kiss X2 露出時間(秒):1/20 F値:2.8 露出プログラム:絞り優先 ISO:640 焦点距離(mm):17 露出補正:1.00 撮影日時:2014:11:30 22:52:39
 さて、このバイクに息子が乗れる日はいつになるんだろう。楽しみだ。このバイクを乗り越せるようになったらヤビツに連れて行く約束をしてるんだ。
 
 今年は仕事上のトラブルや出張やらで乗れない日々が続き8ヶ月ぶりに1000kmを超えると言うやっと上向きになってきました。このまま来シーンズンに向けて頑張ろう。
にほんブログ村 自転車ブログへ

日産アンカーで2時間ぐるぐるするイベント


 普段は絶対に平地のレースに参戦しないですが息子が出れるレースカテゴリーがあったので日産アンカーに参戦しました。ただ、9月は仕事上のトラブルが続出していて毎日の残業と日帰り出張の連続に天候不良などの条件が重なって走りこめてないは疲労困憊だはで最悪なコンディション。しかもヒルクライムじゃないから体重を少し増やそうと思っていたのに体重が減っていくと謎の体調。これで2時間走れるのか!ww
 
 
 チームAdagioの人達の陣地におじゃまさせて頂いてお世話になりとりあえずお祭り気分と息子に走る姿を見せるためにスタートに立ちます。
 
 Adagioの人達と一緒にスタートしましたが早々に置いて行かれるww




 
 それでも最初の6周ぐらいまでは6分前半と中々のペースを守っていましたが左足からピンチ信号がちらほら…。完全に攣らないようなるべく回転重視の走りでCCD入りドリンク多めに補給して頑張っていましたがボトルの残量が微妙に…ピットの前で相方に
aki 「ボトル!ボトルを用意しろ!
と、怒鳴りつけます。





 次の周回で用意ができているか確認して、その次の周回でピットインするつもりでしたが、その周回中盤で完全に足攣り。左クリートを外して片足ペダリングで亀モード。
 なんとか呼吸を整えてピットまで走りピットインして一度回復させようと思っていたらボトルを交換されてサプライズ応援のRS会長に背中を押されて矯正スタートwww
 ゴール後は速攻で相方に「ありがとう」&「申し訳ありませんでした」です。





メーカ:Canon モデル:Canon EOS Kiss X2 露出時間(秒):1/500 F値:4 露出プログラム:絞り優先 ISO:200 焦点距離(mm):55 露出補正:1.00 撮影日時:2014:09:27 13:25:19

 ラップがほぼ8分。とりあえず流しで走ろうと思ったらいいペースで走ってるAdagioのイッチーさんを発見wベタ付きで牽引してもらう。しかしイッチーさんのペースが早すぎて混雑の中で千切れてまた1人旅。小さな列車を乗継ながら回復させながらの距離稼ぎ。ラップが6分後半で落ち着きます。前半戦はゆいつの登りどころもアウターで走り続けていましたがインナーに落としての完全に戦闘離脱状態。膝の調子が悪そうだったKIKUさんにも笑顔でラップされて行きます。

 一度止まると再スタートが出来ないと言う強迫観念とゴールしてしまえば開放されると言う飴と鞭のなかでの戦いのヒルクライムと違って、休んじゃっても再スタート切れるんだぞって甘えとどんなに走っても規定時間内を走り続けるしか苦しみから開放されないと言う飴と鞭の部分が逆転していて終始苦しそうな顔で走ってたようで、相方からも

相方 「ヒルクライム以外は辞めたほうが良いよw楽しそうじゃないw
とのコメントを頂きましたw




メーカ:Canon モデル:Canon EOS Kiss X2 露出時間(秒):1/125 F値:6.3 露出プログラム:シャッター優先 ISO:200 焦点距離(mm):100 露出補正:1.00 撮影日時:2014:09:27 14:39:35

ヒルクライムレースならほぼ20%ぐらいの順位。イベント色の強いレースであれば10%ぐらいの位置にいる自分ですが2時間後のゴールでは50%よりも全然下の方だったみたい(順位表すら見てない)

そして、ゴール後は即、息子のレース。フラフラしながら息子のもとへ。
続きは日々成長期にて~w
日産アンカー×レベナカップ:http://bthibi.blog81.fc2.com/blog-entry-1003.html


苦しいレースだったけど、ヒルクライムレースに息子が出れるようになるにはまだ数年かかるので(小学3年生、5年生、中学生以上のレースが多い)もう少し平地レースも楽しめるように練習しようかな~と思います。
にほんブログ村 自転車ブログへ
プロフィール

aki

Author:aki
SCOTT SPEEDSTER S65FB[クロスバイク]に乗って通勤をしています。
SCOTT ADDICT R2[ロードバイク]で休日は走ってたまにヒルクライムレースに参加しています。

日々の自転車生活の中で感じたこととかを綴っています。

2008/09/24 自転車通勤開始
2009/08/27 2代目相棒(SPEED STERS65FB)に乗り換え
2009/11/07 ブログ開始
2012/02/25 休日用戦闘機(ADDICT R2)を導入
2012/10/27 休日用戦闘機(ADDICT R2)を事故で廃車
2012/11/16 TIME RX INSTINCTを戦闘機に

素人ですので主観的に書いておりますのでご注意ください。

当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。
ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

バナーです良かったら使ってください。

最新記事
ブログ村
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SPEC
SCCOTT:SPEEDSTER S65 FLAT BAR
Frame Hydroformed Alloy Tubing 2 Road geometry 7005 Alloy Butted Integrated Headtube Fender Compatible
Fork Alloy 1 1/8" Steel steerer Integrated Fender Compatible
Scott CR1 Team Issue Forks - Carbon 1.1/8"(2011/02/20:12198km)
Headset Integrated Steel Cup
Rear Derailleur Shimano RD 2200 16 Speed
Shimano RD-5700-SS(2010/10/24:9587km)
Front Derailleur Shimano FD-R440 F
Shifters Shimano ST-R221 16 Speed
Shimano SL-R770(2010/10/24:9587km)
Brakelevers Included
BR-R770(2010/10/24:9587km)
Brakes Included
BL-R450(2010/04/24)
Crankset Truvativ TOURO Compact 36/50 T 2.0
 OUTER:FC-5650[50T](2010/04/12:6100km)
 INNER:FC-5650[34T](2010/04/12:6100km)
BB-Set Truvativ 07BB 68/108
Handlebar Scott X-Rod 580mm
Glip Scott include
SILVA CORK[BARTAPE](2010/10/14)
H'stem Scott Road Team OS 1-1/8" / four Bolt 31.8mm
Pedal
MKS AR-2 ペダル(初代から移植)
TIME iCLIC(2010/05/06)
TIME iCLIC Racer(2010/11/25:10303km)
Seatpost Scott Alloy 31.6mm
Seat Scott Road Pro
Chain KMC IG 51(SPEC)
SHIMANO HG51(初期装備)
SHIMANO CN-HG91(2010/04/12:6100km)
SHIMANO CN-5701(2010/10/24:9587km)
Cassette SRAM PG-850 12-26 T
CS-HG50-8(2010/04/12:6100km)
CS-5700:12-27T(2010/10/24:9587km)
wheel SHIMANO WH-6700 (2011/05/01:13988km)
 Hub front Scott Comp 32 H
 Hub rear Scott Comp 32 H
 Spokes 14 G Stainless silver 2mm
 Rims Alex Race 24 Aero Profile32 Front/32 Rear
Tires Hutchinson Flash 700x28C
MAXXIS DETONATOR FOLDABLE 700x28C(2009/12/02)
Panaracer CLOSER 23C[RED](2010/05/03)
Panaracer CLOSER 23C[WHITE](2010/08/19:8595km)
Grand Prix Attack/Force(2010/11/01:9855km)
Grand Prix Attack/Force(2011/03/17:12671km)
猛レース
気軽に参加をしてください! ヤビツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理人が使用中のお勧め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。