スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ

通勤バイクは決戦機!茨城シクロクロス土浦(動画編)

今更感ですが編集する動画が溜まり過ぎてて、しかも途中で電池切れして尻切れトンボなんで 
プライオリティを下げてました。

 
来シーズンも頑張るぞ!
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ

通勤バイクは決戦機!茨城シクロクロス土浦

 息子が出るCK1は朝一スタート。息子だけなら寝ているうちに移動して走らせるんだけど自分のレースがその後にあるんでそれではレースが始まる前にダウンしちゃうんで前泊しました。足を伸ばして風呂に入りたかったので大浴場のあるホテルを選んだのに、チェックインしてビール呑んで大浴場に降りて行ったら故障中と言われる…おぃおぃ、チェックインの時に言ってくれよ…。と、前日にいきなりのトラブル続き…。
 息子レースは見せ場もなく残念な結果で終わり自分のレース。
 a.b.c CUPに出るか茨城シクロクロス 土浦に出るか悩んで申し込みが遅れたこともあり結構後ろからスタート。最後尾ではないし絶望的ではないけど前には4段か5段ww流石に50人の大所帯。







 C3に行く自信がある訳ではないがC3に行きたいって思いだけは強く「C3行くぞ!」と、心のなかで叫び暗示を掛けながらスタートを切った。しかしスタートで飛び出すには壁が厚すぎ!w慣れている人は縫うようにと言うよりも身体を割り込ませて前に出て行ってるがあれをやるどころか自分じゃ、やられたら転ぶww
 少しでも前に出たかったけど落ち着くまで待つ、それと一つ思いつきの作戦があった。
 担ぎ上げの山場で集団で詰まっていたので並ばずに外側から5人ぐらい一気に抜いていったwおかげで前の第三集団的な集団から抜けだして前の集団を追いかけることが出来る位置に。しかも先頭がまだ見える。
 「行くぞ!行くぞ!」と、心のなかで暗示を掛けて走っていく。1周目はミスも無くコントロールラインを通過、直前でシクロ君が「いい位置にいるぞ!良いぞ、6番手ぐらい~」って教えてくれた。
 まだ先頭は見える。っが「行ける」から「行けるかぁ?」って気持ちに傾き始めたww
 
 2周目の山場は前がクリアな状態。無謀にも乗り込んで行った





行けるか!?





が中盤ぐらいまで勢いで登り右側に滑るように転んだ。






でもふかふかの土なんで痛くないしキャンバーなんで直ぐに起き上がれるww乗り降りが苦手だしコレで良いかもwwwって周りもすげぇ~~声援くれるし(笑
 
 しかし、2周目のガレ場、苦手なテクニカルゾーンなので後ろからの突き上げのプレッシャーからミスって落車。起き上がって走ろうとしたら砂利で滑ってミスして3人のパックに抜かれる…。砂利ゾーンが終わると軽い坂とシケインがあるのでそこで1人は抜いたがその間に2人が見えなくなってた。






 
 基本、担ぎの山場以外は全部乗って行けるので重馬場の高速ゾーンで抜き返したのかラップなのか順位は自分でも解らずになって行く。
 3周目の担ぎの山場も特攻!!
声援 「おぉ!!良いぞ次は行けるぞ!!頑張れ~~
aki 「無理ww絶対無理ww

 もう、昇格に絡むのは無理だしとりあえず順位を上げる努力は辞めんがとりあえず楽しむことにww






 3週目のガレ場も前の悪いイメージが残りミスってパックに抜かれ、そのうちの1人ぐらいは抜き返すもどんどん順位が落ちていく
 4周目はボロボロだった。担ぎの山場に特攻して止まったところで担ぎ出そうと思ったら脚がバンビな状態で滑って雪崩みたいに落ちる、、そこで後ろを詰まらせて乗り込みに手こずって抜かれる。しかもチェーン落ち…。






 あちゃ~これはイカンぞ~~と焦りすぎてミスして更に別のパックに追いつかれて接近戦で最後コンクリの登りで3人ぐらい同時に登ることになり一番インに居た僕はハスられて落車。ここで3つ順位を落とす。ここはリスクを取らずに安全に登ってから最後の重馬場高速ゾーンで勝負を掛けるべきだったか、自分自身に馬鹿野郎!!落ち着け!!と声を出して最後の力を振り絞りぶつかった選手を抜き返し、その前の選手もどうにかしたいと踏み込んだが届かずゴール。
 





 ゴール後にぶつかった選手が謝ってきたが気にせず会話と握手して倒れこんだ。寝たい。
 
 結果は12位。正直、ミスが無かったとしてもまだまだカテ3は見えないな…。悔しいから午後の部の試走も息子預けて走った。練習と言うよりも上手い人の走りを生で見たくて。まだまだ積まないいけない経験が山積みのようです。来シーズン頑張りますorz
 
 しかし、茨城シクロクロスすげぇ~~~!SNSで大量の写真頂きました。自分の写真がこんなにあるなんて最高!!素敵なカメラマン様達ありがとうございました!!
にほんブログ村 自転車ブログへ

通勤バイクは決戦機!×湘南シクロクロス 大磯

 息子のレースを見て2つレースを挟んで自分のレース。




メーカ:Apple モデル:iPhone 5s 露出時間(秒):1/30 F値:2.2 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:125 焦点距離(mm):4.15 露出補正:1.00 輝度:1.91825424315899 撮影日時:2016:01:30 12:59:58
 三位ではあるがビリだった息子…
湘南シクロクロス 大磯CK1:http://bthibi.blog81.fc2.com/blog-entry-1129.html



 C3に上がれないまでもそこに到達するまでの道を見たいと思ってたレースで試走で頑張り難しいセクションを走れるように頑張ったんだけど生憎の泥んこ。自転車レースなんだけど乗車してる時間はほぼ無いであろう状況。
 
 スタートはコンクリなのでここから周回コースに入るまでが唯一の自転車の上に居た時間?
 5番手ぐらいのコールでしたがDNSと午前中に昇格した人がいたので3番手にコールされてまさかの先頭列からの出走!やった~!でもスタートして周回コースに入る前に既に6番手くらいまで落ちました(笑
 試走の時にあった2段のドロップオフと長く細いキャンバーの押し上げは危険回避の為かショートカットされていて2段の登りから左コーナーのドロップオフへ。このあたりは前が詰まっていたので乗車せずに押して進んで数人を抜き返してドロップオフを下ってから乗車。そしてすぐの登り滑りそうなんで押し上げでそこから暫く走れます。






 長い担ぎ上げの壁を登ってコースは高地ゾーン。ここのコーナーは試走の時もふかふかで曲がる時にタイヤを滑らせて転倒してたので押したほうが早いな!と押し続けて下りで飛び乗って、下りコーナーでコケて押し走りに切替。最後の4m級のドロップオフは回避ゾーンも作られていましたが、1回目の試走で転びまくった経験を活かしてバイクから降りてバイクと一緒に滑り台~






 落ちろ!!!って気持ち。





 
 コントロールエリアを抜けて行く時のMCの情報では意外と良いところを走ってる感じ。
 でも、実は練習の段階で肋骨にヒビの状態で仕事中に椅子に座ってるのもキツイ状況。歩くのもキツイ、、でも自転車はペダル、サドル、ハンドルでいい感じに負荷をコントロール出来るので痛く無いって状況なので乗車せずに走ってるのがキツイキツイ。

 1周半の地点で長く乗れる場所に入ってペダルを踏んだらチェーン落ち…詰まった土を払うのに何度も強烈にバウンドさせてたのが悪かったか…
 直ぐにクランクにチェーンを掛けて走りだしたがチェーン落ちしたまま押してる時間が長ったらしく、チェーンが落ちるラインの状態で土が詰まってるために直ぐチェーンが落ちて走れない。
 土のつまり具合から諦めて押し走りに行くことに。ラストラップに入ったジャンを聞きながら、正直ラップされてここで終わりたかったと思いながら完全担ぎ状態でファイナルラップに入りました。
 ずっと、担ぎで抜き、乗車区間で抜かれていたMTBにのる少年が居ましたがチェーン落ちの状況で千切られて、その後も数人に抜かれて行きました。
 途中で監督が
監督 「バイクを押さずに担いだほうが早い!担げ!
 と劇を飛ばしてくれましたが肋骨が痛くて担げない…。でも、あれ?アドレナリンで走ってても痛くないから担いでも痛くないかwwwと、開き直って担いでみたらなんとかなりそう。確かに押してるだけでブレーキとBB周りに詰まった粘土質の泥でホイールは回ってないし担いだほうが早いww
 
 前も後ろも見えない状況だったけど流石に長く乗れるゴール前の場所を担いでるのでゴール間際で後ろの選手が迫って着てることがMCと雰囲気で何となく判った。
aki 「もういいよww抜いてくれ~w
 と、心のなかで呟いたらゴールで声援する息子の声が聞こえました。ゴール前のドロドロゾーンで後ろの選手がバイクから降りた音が聞こえました。

aki 「息子に諦めた姿を曝す訳にはいかない、最後の勝負どころはここだ…

 最後まで持つ訳ありませんが全員担ぎになった状況で前を走る僕がスパートを掛けたら、後続の選手を「無理だ!」と心を挫くことが出来ます。(たぶん)ゴールまでのスプリントは無理ですが脚を残してるふりしてスパート。当然ずっと走ってるので持つ訳無く、後続へのプレッシャーになったのか微妙な時間ですぐに失速してフラフラ。丁度9番手争いの状況だったのでMCが最後のシングルでゴールするのは誰だ!と、煽る中ギリギリ逃げ切っての9位でした。
 
 ゴールして近い順位で走ってた選手たちと握手して讃え合い。前半戦に一緒にバトってた少年とも讃え合いしばし談笑。カテ3の昇格なんて全く道が見えない状況でのゴールでしたが悔しさよりも楽しさでいっぱいのゴールでした。




メーカ:Apple モデル:iPhone 5s 露出時間(秒):1/30 F値:2.2 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:80 焦点距離(mm):4.15 露出補正:1.00 輝度:2.8267602225986 撮影日時:2016:01:30 15:58:39
 
aki 「こんなコースは二度と走りたくないけど絶対に来年も走りに来ますね!!

 ってスタッフさんにお礼?を言って帰宅しました。
 
 息子用と僕は息子との試走とレース時に靴を替えたので無駄に泥だけにしてしまったシューズ達wwレース用は今回様に買ったとっておきで新しいのに(笑




メーカ:Apple モデル:iPhone 5s 露出時間(秒):1/16 F値:2.2 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:250 焦点距離(mm):4.15 露出補正:1.00 輝度:0.0802062011977864 撮影日時:2016:01:30 18:22:17
 
 


 しかし、前半は押し歩き、土が詰まってホイールが回ってない。そして後半は担ぎメインだったのでレース中、GARMINはほぼ停止と判断してるみたいww
にほんブログ村 自転車ブログへ

湘南シクロ 大磯試走

 混雑を避けて早めに出発したらBT君は現着しても起きず…早めに着いたので設営の手伝いするつもりが動けず…。
 BT君が起きて時間的に手伝いをするには微妙な時間だったこともありコンビニ朝食を買いに行ったらmiraiさんが手を振ってた。
 みんなで現地入り





 アクションカムを持ってきたつもりが現地で見当たらず(BT君が着替えの時に移動箱からシートに落としてたらしい)動画が撮れていないのかなりあやしい記憶で。
 
  1)最初に路面ふかふかの連続コーナー。
  2)曲がり角見えないところから2段登り。
  3)登ったら根っ子がボコボコで土はふかふか。
  4)いきなりドロップオフ(やや強目
  5)もう一度ドロップオフ(降りたら、いきなりカーブ
  6)ぐるっと走って長めの担ぎ上げ(子供には絶対無理で往復練
  7)ゆるい下りでポッコとした凸(なぜかBT君は怖がって押してた
  8)左コーナーでドロップオフで下って左コーナー(意外と恐怖
  9)上手い人なら走って登れるのか?ぐらいの担ぎあげ
 10)緩いコーナーがある平地ゾーン。
 11)ショートコースとロングコースの別れ道
 12)ロングコースは長い担ぎあげ
 13)下って登ってで登りの最後はBMXのランページみたいな激坂
 14)ふかふかで滑る土で逆バンク多めの連続コーナー。(タイヤを取られて走れなかった
 15)最後に恐怖のドロップオフ。(3回チャレンジしたけど降りれませんでした

 最初は歩いてみて言われて歩いてみたが…




 ウォールクライムだっけか??

 
 BT君とショートカットはぐるぐる回り、その時に
 
 何故か7の小さな凸なところでバイクから降りるBT君。出来るから慎重に走って見ろ!と、声かけて3周目でやっと出来る。いや、なんでここが怖いんだ??
 8の左、ドロップオフ、左の場所でBT君が躊躇して急停止した時にクリートがドロ詰まりか外れず無理やりコジッり右太ももの筋が攣った状態になり悶絶。しばらく呼吸も出来ずに倒れこむもBT君は両タイヤをロックした状態でズルズルと滑ってドロップオフをクリアして見えなくなったので泣きながら追いかけた。だって次のセクションもBT君は自力で登れませんからlol
 
 連続ドロップオフはタッタのほうが怖いのにひゃほ~~い!って声を出しながら下り2個目のあとのコーナーは酷いライン取りだが抜けて行く。不思議だ。
 実際は2個めのドロップオフのコーナーは土がふかふかで減速されるしコーナーで壁に当てられるので何とかなる。
 




 
 途中でBT君を休ませて2周だけソロでロングコース。

 2段登りはBT君は走る気が全く無く最初から押し上げだったので初めて走ってみた。
 一つ目が右コーナーと直結しているので勢いを付けられないものの緩いので登れるが2個めで登り切れず右に倒れこんだのにバク転して気がついたら左側に倒れこんでて左肩と左肺付近の筋を傷める。上手い人は普通に走ってましたが、二段目の登りをクリアしても根っ子だらけのセクションをクリア出来る自信がないので自分は本番は2段目下からは押し上げかな。






 
 ロングコースに入ってみたら見た目よりもかなりテクニカルで土がタイヤで盛り上げられてて益々グリップせずタイヤが流れてまともに走れず何度も転ぶ。けど路面がふかふかなんで痛くない。
 
 最後の恐怖のドロップオフは前輪はブレーキを掛けずに!ってアドバイスを貰うが恐怖でブレーキしているのか途中で倒れこんでしまう。
 外側のほうが斜面が楽だからと言われるがそのまま真っ直ぐ落ちると木に激突するので斜めにコントロールする自信が持てず斜度のキツイ内側のラインからしか挑戦できず怪我したらBT君を連れて着てることもあり帰れなくなるので今回は反復練習は辞めておいた。正直ふかふかの路面なんで怖がらずにノンブレーキで走る抜けるのが良いのは頭では分かってるのだけど、グリップしない路面が怖過ぎて無意識にブレーキを引いてるのかな。




 最後のドロップオフはこんな状態ww

 
 ここで月末にレースが開催されて参戦するんだけどまともに走れる自信が全くない、ちょっと色々考えないとヤバイな。最悪、最後のドロップオフは周りの迷惑だろうけど滑り台にします^^;
にほんブログ村 自転車ブログへ

通勤バイクは決戦機!信州シクロクロス 富士山

 親子で信州シクロクロス 富士山へ!
 そして富士山が大好きママも観戦へ!!
 
 いかん、、、既に肋骨が3週間痛いし先週の落車で痛めたスネ、一度は痛みがひいたのにスーツに革靴で1日出張したら痛みがぶり返してくるはレース前に仕事で徹夜とかコンディションはボロボロ。だけどまぁ~それらをひっくるめての社会人はレースだし負けてられっか!!!
 なによりも自転車通勤ではあまり痛みが出ないので自転車には影響が少なそうだww(ほんとか?w)
 
 寝不足で休憩無しで運転出来ないかもと会場には早めに入り試走時間前に到着したので仮眠。寝坊…。1周目の試走でコミ監督とすれ違い2周目は監督が待っててくれて一緒に試走。色々とアドバイスを頂きましたが監督ペースだと返事出来なずハァ~ハァ~です(笑
 
 コースは長め。テクニカルなコーナーは少なめ起伏多めで長いストレートもあり芝コースなんで重馬場なパワーコース。試走では一箇所だけ登り切れない場所がありましたがギアの選択を間違わなければ何とかなりそうな感じ。
 試走は2周で終えて寝ていたBT君を迎えに行ってキッズレースのコースは別なコースですがとりあえず一周だけ走らせました。
BT君 「大人コースヤバイ!これ難しい~~~!
 と、かなりヘバッておりました。
 
 信州シクロクロスはポイントランキングがあるせいかC3+C4が2部になっているのにC3とC4を分けることは無いらしい。そのおかげでC3の監督と同じカテで走ることに。しかもゼッケンも一番違いww
 監督と早めに並んで居たのでランキングポイント保持者の一列目の直ぐ後ろに整列出来てスタート。
 
 しかし、スタート混雑に対応出来ず、監督になるべく着いて行くと言う意気込みが空回りしてなんと監督の後輪に前輪をブツケてしまって自分は落車はしなかったもののそのまま斜行して停止していましました。
 
 終わった…
 
 そんな気持ちも過ぎりましたが登りスタートだったこともありタイムロスは絶望的では無く必死に追いかけて集団に戻りました。
 混雑のストレートで気持ちが少し引いて坂で抜いた数人に抜き返されてもしかしてビリなのか?よく判らんままレースが進んでいきます。
 
 最初の短い激坂で結構な人数が団子になっていたのでバイクから飛び降りてアウトから押し上げで数人抜いて少し前へとラッキーな展開もあり。
 
 丘の上でBT君と相方が応援してくれています。





BT君 「タッタ!!あと20人抜けばトップ~!頑張れ~~!

 おぃおぃ・・・と思いますが、BT君たちがいる観戦ポイントは登りコースなんでBT君の前でライバル選手を抜きやすくBT君も興奮中。(息子の応援の前で周りの選手が気を使ってくれていたのかも知れませんが)
 
 とりあえず、BT君には苦しくてもレースが楽しいなら笑って走れと教えているので僕が苦しい顔で走るわけに行きません。





(FBにて頂きました。感謝その1)

 
 1周目の中盤からアップ不足からかスタート遅れの対応がひびいたのか脇腹が痛み出し、踏み込めずにまた順位を落としてたような気がしますが、1分遅れのマスターの選手も入れ混じりどの辺りのいるのか全く解りません。しかしアドレナリン効果で肋骨とスネの痛みは忘れていましたw





(FBにて頂きました。感謝その2)

 長いストレートで差を詰めて登りで抜いてコーナーで抜かれての展開が続く。スタートのトラブルでビリになったことでこの展開は練習として最高の環境だ。スタートが上手く行ってたらずっと抜かれっぱなしの展開だったかも(苦笑
 
 登りコーナーとかで頑張りすぎて曲がりきれずにコーステープに激突しそうになったり草むらに突入して速度を落としたりミスを何度かしつつも落車はせずに走りました。
 
 脇腹の痛みがおさまってくると腰の痛みが爆発してきてダンシングを絡めてごまかしていく。シクロクロスレースを走りきるにはまだ体幹が足らないね。





メーカ:Apple モデル:iPad Air 露出時間(秒):1/733 F値:2.4 露出プログラム:ノーマルプログラム ISO:32 焦点距離(mm):3.3 露出補正:1.00 輝度:8.93995633187773 撮影日時:2015:12:20 10:24:37
(息子がiPadで撮ってくれた一枚)
 
 3周目になると前も後ろも離れて孤独に。長いストレートで前がかろうじて見えるので諦めずに追いつこうと思うが思ったようには差が縮まらない。後ろを確認するとこちらも距離がありそう。
 最後のシケイン前からはあまり無理せずに落車などしないように慎重に行くことにしましたが路面が芝から砂利になるコーナーで後輪が滑ってギリギリ立て直す感じでドキドキ。
 
 ゴールの2個手前で後ろを確認したら砂利で滑った分追いつかれたか後続がものすごいスピードでスパートしているのが見えたので最後のフィニッシュラインの登りはモガイて逃げ切ってゴール。そのまま待避ゾーンに逃げ込んで倒れこみ。順位はボロボロでしたが楽しかったです。
 何よりも家族に応援されて苦しいコースの中で最高の富士山を拝みながらレース出来るなんて最高ですね!!しかしながら乾燥したのどが咳き込んで肋骨の痛みは強烈でしたw



 
 そして何より参加人数は5人と少ないものの小3までのカテゴリの中で唯一の小1で参加し2位になった息子のレースがとても最高でした。
信州シクロクロス 富士山に行ってきたよ~!:http://bthibi.blog81.fc2.com/blog-entry-1117.html
 息子に負けないように頑張らないと!w
にほんブログ村 自転車ブログへ
プロフィール

aki

Author:aki
SCOTT SPEEDSTER S65FB[クロスバイク]に乗って通勤をしています。
SCOTT ADDICT R2[ロードバイク]で休日は走ってたまにヒルクライムレースに参加しています。

日々の自転車生活の中で感じたこととかを綴っています。

2008/09/24 自転車通勤開始
2009/08/27 2代目相棒(SPEED STERS65FB)に乗り換え
2009/11/07 ブログ開始
2012/02/25 休日用戦闘機(ADDICT R2)を導入
2012/10/27 休日用戦闘機(ADDICT R2)を事故で廃車
2012/11/16 TIME RX INSTINCTを戦闘機に

素人ですので主観的に書いておりますのでご注意ください。

当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。
ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

バナーです良かったら使ってください。

最新記事
ブログ村
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SPEC
SCCOTT:SPEEDSTER S65 FLAT BAR
Frame Hydroformed Alloy Tubing 2 Road geometry 7005 Alloy Butted Integrated Headtube Fender Compatible
Fork Alloy 1 1/8" Steel steerer Integrated Fender Compatible
Scott CR1 Team Issue Forks - Carbon 1.1/8"(2011/02/20:12198km)
Headset Integrated Steel Cup
Rear Derailleur Shimano RD 2200 16 Speed
Shimano RD-5700-SS(2010/10/24:9587km)
Front Derailleur Shimano FD-R440 F
Shifters Shimano ST-R221 16 Speed
Shimano SL-R770(2010/10/24:9587km)
Brakelevers Included
BR-R770(2010/10/24:9587km)
Brakes Included
BL-R450(2010/04/24)
Crankset Truvativ TOURO Compact 36/50 T 2.0
 OUTER:FC-5650[50T](2010/04/12:6100km)
 INNER:FC-5650[34T](2010/04/12:6100km)
BB-Set Truvativ 07BB 68/108
Handlebar Scott X-Rod 580mm
Glip Scott include
SILVA CORK[BARTAPE](2010/10/14)
H'stem Scott Road Team OS 1-1/8" / four Bolt 31.8mm
Pedal
MKS AR-2 ペダル(初代から移植)
TIME iCLIC(2010/05/06)
TIME iCLIC Racer(2010/11/25:10303km)
Seatpost Scott Alloy 31.6mm
Seat Scott Road Pro
Chain KMC IG 51(SPEC)
SHIMANO HG51(初期装備)
SHIMANO CN-HG91(2010/04/12:6100km)
SHIMANO CN-5701(2010/10/24:9587km)
Cassette SRAM PG-850 12-26 T
CS-HG50-8(2010/04/12:6100km)
CS-5700:12-27T(2010/10/24:9587km)
wheel SHIMANO WH-6700 (2011/05/01:13988km)
 Hub front Scott Comp 32 H
 Hub rear Scott Comp 32 H
 Spokes 14 G Stainless silver 2mm
 Rims Alex Race 24 Aero Profile32 Front/32 Rear
Tires Hutchinson Flash 700x28C
MAXXIS DETONATOR FOLDABLE 700x28C(2009/12/02)
Panaracer CLOSER 23C[RED](2010/05/03)
Panaracer CLOSER 23C[WHITE](2010/08/19:8595km)
Grand Prix Attack/Force(2010/11/01:9855km)
Grand Prix Attack/Force(2011/03/17:12671km)
猛レース
気軽に参加をしてください! ヤビツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理人が使用中のお勧め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。