スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ

GranDiverでトレーニン講座を受けて来ました。

 自転車に関しては自由な部分も残したい気持ちもあったりしてトレーニング関係やポジション関係の部分はある程度情報収集して実践してもガチガチになり過ぎたりしないように我流な部分が大きく残して来ました。
 しかし、Newホイールになってからのまさかのヒルクライムのタイム低下、その後の自己分析によるペダリング改善を始めて引き足の使い方にもっと意識を高めたペダリングを心がけました。

ペダリング力1

 
 その後、パイオニアのペダリングモニターの先行モニタさんの記事を読んでモニター中の早い人でも意外に上死点でトルクが掛かって居ないこと知り上死点で接線方向へ力を掛けることを意識を追加しました。
ペダリング力2


 その結果、V坂や連光寺などでのタイム更新など結果が出て来ているものの我流ゆえの不安もありペダリング解析への興味が高まり色々探してペダリング解析をしている添付に連絡を取ってみました。


GranDiver(グランディヴェル)
http://www.grandiver.com/


 もともとはペダリング解析をお願いするつもりだったんですが、まずは中級トレーニングを初回体験レッスンで受けてから、その結果から次を考えては?と、提案して頂き中級トレーニングを受けることにしました。

 とりあえず途中の三軒茶屋でお気に入りのラーメンを食ってから乗り込むつもりが、まさかの閉店…。GranDiverが千駄ヶ谷にあることもあってお店の場所を確認してからラーメン屋を探すことにしましたが、なんと有名店ホープ軒が直ぐそばだったので迷わずホープ軒で補給しました。
bt_bike201308-0001.jpg


 トレーニングはローラー台で行われます。設定したコースを大画面で見ながら走れるのですが今回はコーチング付きなのであまり画面を見ることも無く、ローラー台の負荷がコースに対応して変化してもあまり関係なかった。

 とりあえず、自己メモ的な部分も踏まえて言われた内容。個人指導の内容なのであくまでも参考までに
 
○ケイデンスが早すぎる。
 ケイデンスを早くするためのポジションになっていて自分のポテンシャルを活かせていない。
 シートポストを上げてコンパクトな動きが出来るケイデンスを早くする為のポジションになっていて結果パワーゾーンが外れているようです。
 ボクが普段平地で使っている90~110ぐらいのケイデンスでは動きを意識したペダリングを行おうとしても1秒間に考えることが沢山ありすぎて実践できないと。

○一番強い力を出せる踏み足が活かせていない。
 引き足を意識しすぎて一番力の出せる3時の踏み足のタイミングが遅くなっている。
 引き足の意識を捨てて、まずはもっと踏むほうが良いと言われました。

○踵をあげた状態で固めすぎ
 アンクリングを嫌ってか踵上げ過ぎでガチガチに力を込め過ぎ、アンクリングしても良いから踵を落として力を抜けと。

○個別で考えると姿勢は良いけど。
 骨盤を立てる。胸の空間をあけるなどの個別にイメージしている事は出来ているが、全体的には効率良いペダリングとして姿勢になっていない。

 で、、具体的には
 
 0時からジワッと力を込め始めて3時で全力を出して踏み込み、6時の時にはちからが抜けている。三日月の形でトルクを掛ける。

ペダリング力3

 ボク的にクランクに対して常に均等の力が掛かっているイメージを持ったペダリングは、実際には均等な駆動力になっておらずRDのテンションが動きまわるほどのようです。
 股関節だけを使ったペダリングを意識して膝とひざ下の力を抜く。
 多少アンクリングしても良いから足首の力を抜いて踵を上げ過ぎない。
 腕、尻、ペダリングの加重バランスをもう少しペダリングの足に依存度を高める。
 ダンシングの時に重心に前に出さずに重心は上に移動するだけで背中を天井から引っ張られているイメージを持つようにペダルに体重を乗せる。


こんな感じでしょうか…他にも色々とアドバイスを頂きましたが自分の脳キャパシティ的にコレぐらいが記憶に残ってました。

bt_bike201308-0002.jpg


 このアドバイスは早く走るための物ではなく、楽に走れるようになるもの。楽になった分を速さに回すか距離に回すかはボク次第。これが絶対的にベストの走りではないけど、ボク自身の引き出しの一つとして使って見てくださいとのこと。また、レースのゴールスプリントみたいな状況では今回の効率などを考えた走りではなく、非効率でも全ての力を短時間で出すように走らないと競技は勝てませんからね。って言われました。

 ペダルへの加重がしっかり出来ていると、ダンシングで手放しが出来ると見せてくれたのはローラー台とは言え凄いと思いました。
 
 50分ぐらいのマンツーマンで初回体験では2500円ですから体験オススメします。
 
 
 なかなか、今までやって来たことをガラリ換えると言うのは難しく、しかもトレーニング講座を受ける数日前にV坂のベストを更新したばかりだったので講座後に続々と近場のセグメントでベスト更新って訳に行きませんでしたが理論的にはとても納得出来るものでした。


 その後、別件でパイオニアモニター中の方とお話する機会が有りましたが確かにパイオニアのペダリングモニターで効率100%を出すのは理論上は常にトルクが掛かっていることでベストであるけれど実際にはそれが早い走りになるとは限らないよねって感じの話になりました。

 そんなこんなでコレが全ての人に取ってベスト!ってのがある訳ではなくて色んな理論があり自分にはなにが合っているのかを見極めることが重要なんでしょうね。暫く色々と試して方向性を見極めたいと思います。その結果GranDiverの理論と相性が良さそうならば暫く通って見ようかな~。
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

Rotor q-ring?!

Akiさん、Qリング試されては如何ですか?
ペダリングが矯正される…はずデス。

No title

Qリングには興味なかったんですけど、ROTORのPORWERメータのコンセプトを読んでいたらQリングの思想ってここの理論に近いな~~って感じて興味が湧いてきておりますが如何せんちょっとお試しするには高すぎです;v;
プロフィール

aki

Author:aki
SCOTT SPEEDSTER S65FB[クロスバイク]に乗って通勤をしています。
SCOTT ADDICT R2[ロードバイク]で休日は走ってたまにヒルクライムレースに参加しています。

日々の自転車生活の中で感じたこととかを綴っています。

2008/09/24 自転車通勤開始
2009/08/27 2代目相棒(SPEED STERS65FB)に乗り換え
2009/11/07 ブログ開始
2012/02/25 休日用戦闘機(ADDICT R2)を導入
2012/10/27 休日用戦闘機(ADDICT R2)を事故で廃車
2012/11/16 TIME RX INSTINCTを戦闘機に

素人ですので主観的に書いておりますのでご注意ください。

当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。
ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

バナーです良かったら使ってください。

最新記事
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SPEC
SCCOTT:SPEEDSTER S65 FLAT BAR
Frame Hydroformed Alloy Tubing 2 Road geometry 7005 Alloy Butted Integrated Headtube Fender Compatible
Fork Alloy 1 1/8" Steel steerer Integrated Fender Compatible
Scott CR1 Team Issue Forks - Carbon 1.1/8"(2011/02/20:12198km)
Headset Integrated Steel Cup
Rear Derailleur Shimano RD 2200 16 Speed
Shimano RD-5700-SS(2010/10/24:9587km)
Front Derailleur Shimano FD-R440 F
Shifters Shimano ST-R221 16 Speed
Shimano SL-R770(2010/10/24:9587km)
Brakelevers Included
BR-R770(2010/10/24:9587km)
Brakes Included
BL-R450(2010/04/24)
Crankset Truvativ TOURO Compact 36/50 T 2.0
 OUTER:FC-5650[50T](2010/04/12:6100km)
 INNER:FC-5650[34T](2010/04/12:6100km)
BB-Set Truvativ 07BB 68/108
Handlebar Scott X-Rod 580mm
Glip Scott include
SILVA CORK[BARTAPE](2010/10/14)
H'stem Scott Road Team OS 1-1/8" / four Bolt 31.8mm
Pedal
MKS AR-2 ペダル(初代から移植)
TIME iCLIC(2010/05/06)
TIME iCLIC Racer(2010/11/25:10303km)
Seatpost Scott Alloy 31.6mm
Seat Scott Road Pro
Chain KMC IG 51(SPEC)
SHIMANO HG51(初期装備)
SHIMANO CN-HG91(2010/04/12:6100km)
SHIMANO CN-5701(2010/10/24:9587km)
Cassette SRAM PG-850 12-26 T
CS-HG50-8(2010/04/12:6100km)
CS-5700:12-27T(2010/10/24:9587km)
wheel SHIMANO WH-6700 (2011/05/01:13988km)
 Hub front Scott Comp 32 H
 Hub rear Scott Comp 32 H
 Spokes 14 G Stainless silver 2mm
 Rims Alex Race 24 Aero Profile32 Front/32 Rear
Tires Hutchinson Flash 700x28C
MAXXIS DETONATOR FOLDABLE 700x28C(2009/12/02)
Panaracer CLOSER 23C[RED](2010/05/03)
Panaracer CLOSER 23C[WHITE](2010/08/19:8595km)
Grand Prix Attack/Force(2010/11/01:9855km)
Grand Prix Attack/Force(2011/03/17:12671km)
猛レース
気軽に参加をしてください! ヤビツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
管理人が使用中のお勧め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。